2019年入賞作品

2018年の入賞作品はこちら
2017年の入賞作品はこちら
2016年の入賞作品はこちら



作品番号:12421
作品番号:12421
作者名:菅野 千聖様
作品コメント:
この写真を見た時に洞窟に包まれている感じと、その穴から見える光をどう上手く際立たせるべきか悩みました。そのときの自分の心情を地層に合わせて書いたところもポイントです。
作品番号:12360
作品番号:12360
作者名:よぉこ様
作品コメント:
自然豊かな岐阜の景色を感じられますように。
作品番号:12300
作品番号:12300
作者名:加藤 信子様
作品コメント:
海のように広がる蕎麦の白い花畑が映えるよう、バランスを考えました。山の緑と、青空とのコントラストがとてもきれいだったので、活かせるよう工夫しました。
作品番号:12285
作品番号:12285
作者名:橋野 桃華様
作品コメント:
SNSの発達で、現地に行かずとも綺麗な景色が見れる昨今。しかし心地良い波の反復音や、磯の香り、砂の感触は何度シャッターを切ってもファインダーに収める事は出来ない。というのを表現しました。
作品番号:12278
作品番号:12278
作者名:牧原 玲奈様
作品コメント:
どんな人が見ても行きたくなる気持ちになれるといいなという思いで作成しました。
作品番号:12274
作品番号:12274
作者名:中原 正昭様
作品コメント:
週末に散歩していると、浜辺で鳥が飛んでいるところが、かけっこをしているように見えました。
作品番号:12273
作品番号:12273
作者名:中原 未遥様
作品コメント:
海女さんは、貝やあわび等をつぎつぎとってました。息継ぎも少なく、長く潜っているのを見ていると、つい自分まで息をとめてしまいました。
作品番号:12200
作品番号:12200
作者名:kenta tsuzaki様
作品コメント:
海で仕事をしている妻は、海上では私の師匠であり、ライフガードでもあります。いつもは華奢なその背中は、海で見ると何倍も大きく、逞しかった。
作品番号:12041
作品番号:12041
作者名:宮木 新様
作品コメント:
ここから見える景色の前では、人の心も自然と澄んでいくように思いました。それぞれに悩みを持つ二人も、ここではきっと素直になれるはず。
作品番号:12035
作品番号:12035
作者名:西村 綾乃様
作品コメント:
「船が浮いている」と言われる程透き通る青い海をぜひ見て欲しいです。
作品番号:11966
作品番号:11966
作者名:山田 麻由様
作品コメント:
昨年、大学のミスコンテストに出場した際に撮影で撮っていただいた写真です。皆、撮影では大人っぽい表情などを見せていましたが、波打ち際で遊んでいる時との表情のギャップが良いと思ってこの作品を作成しました。
作品番号:11963
作品番号:11963
作者名:具志堅 ややこ様
作品コメント:
生き物を撮るとき、少しでも動くと生き物が隠れてしまうので動かずにシャッターチャンスを待つことが一番大変でした。
<<
1
...